耐震・免震・制震について

メリット デメリット 改修コスト(戸建用)
耐震 壁を増やす事で建物自体の横揺れに対する抵抗力が増える最も古くからの工法。  壁や筋交いを増やすための解体作業が増える為、工事期間と経費が多くかかる。 250~350万円
免震 地盤と基礎を切り離す為、横揺れが極端に減少する。新築の際に基礎と建物に設置する。 一般的に古い建物には設置できない。建物全体の基礎に免震装置を設置するため、工事費用が非常に高い。  350~400万円
制震 建物の揺れを制震ダンパー等の設備で減らす事が出来る。新築・リフォームどちらにでも対応できる。 建築年数が経っている建物や壁が少ない建物では効果が少ない。 250~300万円
三次元制震装置 t建物の揺れを減らせる。新築リフォームどちらにでも対応できる。三次元構造の為、直下型地震に対応。工事期間・費用が一番安い。(壁等の補修含む) s設置場所の高さが40cm以上ないと設置できない。  200万円

※コストは部品設置代以外の金額も含めての計算になります。

 

制震と三次元制震装置の違い

・一般的に制震工事に用いられる制震ダンパーは壁等に設置する油圧シリンダーを使った筋交いを使用します。

・これらの制震ダンパーは全て一方向の揺れに対応します。

・また、制震ダンパーは揺れの速度に比例して効果を発揮するため、揺れが弱いと制震ダンパーは想定した効果を発揮できません。

・三次元制震装置は一基で縦揺れ・横揺れの動きに対応可能な為、どの方向の揺れに対しても揺れを減衰させることが可能です。

・三次元制震装置は変形に比例して力を発揮する為、速度に関係なく揺れを低減できます。