震度⇒気象庁が計測震度計によって計測しています。

震度は体感および周囲の状況から推定していましたが、平成8年(1996年)4月以降 、計測震度計により自動的に観測し速報しています。 簡単に言うと、伝わってきた時に自分たちが感じる揺れの大きさです。

マグニチュード⇒震源地での地震そのものの大きさを表します。

マグニチュードと震度 関係性⇒マグニチュードが小さくても 震源から近けれ 震度 大きくなります。 逆に大きなマグニチュード 地震でも、震源に遠い場所で 小さな震度になることがあります。 これは、ご自宅の電気で想像してみてください。 電球が明るい 手元が一番明るいが、離れていくと少しずつ暗くなっていきますよ 。 その関係に近いと思います。

キラーパルス⇒地震の揺れの周期が役1~2秒程度の地震動の事で「短周期型地震」と「長周期型地震」の中間の地震の事です。また、木造住宅との共振現象を引き起こし建物に対して予想以上の大きな被害をもたらすことがあります。

震度階級 人の体感・行動 屋内の状況 屋外の状況 加速度
0 人は揺れを感じないが地震計には記録される  ~0.8
1 屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。 0.8~2.5
2 屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には目を覚ます人もいる。 電灯などの吊り下げ物が、わずかに揺れる。 2.5~8
3  屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。歩いている人、眠っている人の大半が目を覚まします。 棚にある食器類が音を立てることがある。  電線が少し揺れる。 8~25
4  ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが揺れを感じる。眠っているほとんどの人が、目を覚ます。 電灯などの吊り下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる。座りの悪い置物が倒れることがある。  電線が大きく揺れる。自転車を運転していて揺れに気づく人がいる。 25~80
5弱  大半の人が恐怖を覚え、物に捕まりたいと感じる d電灯などの吊り下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。座りの悪い物の大半が倒れる。固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。まれに窓ガラスが割れ落ちることがある。  電柱の揺れがわかる。道路に被害が生じることがある。 80~250
5強  大半の人が、物に捕まらないと歩くことが難しいなど行動に支障を感じる。  棚にある食器類や書棚の本で落ちるものが多くなる。テレビが台から落ちることがある。固定していない家具が倒れることがある。窓ガラスが割れ落ちることがある。  補強されていないブロック塀が崩れることがある。据え付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。自転車の運転が困難となり、停止する車もある。 80~250
6弱  立っている事が困難になる。 固定していない家具の大半が移動する。  壁のタイルや窓ガラスが破れ落ちる。 250~400

木造住宅の状況

木造建物(住宅)

震度階級 耐震性が高い 耐震性が低い
5弱 壁などに軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある。
5強 壁などにひび割れ・亀裂がみられることがある。
6弱 壁などに軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある。 壁などにひび割れ・亀裂が多くなる。

壁などに大きなひび割れ・亀裂が入ることがある。

瓦が落下したり、建物が傾いたりすることがある。倒れるものもある。

6強 壁などにひび割れ・亀裂がみられることがある。 壁などに大きなひび割れ・亀裂が入るものが多くなる。

傾くものた、倒れるものが多くなる。

7 傾くものた、倒れるものがさらに多くなる。

加速度

地震の加速度を表す単位はGal(ガル)を使います。

980Gal = 980cm/s2 ≒ 1G 阪神淡路大震災、中越沖地震、東日本大震災とも1000Galを超えた波形が記録されており、 重力加速度(1G)以上の加速度が発生したことがわかります。

<Gal>:加速度の単位で 1Gal = cm/s2 です。 地震にかかわる振動加速度